HERBS CBDリキッド オフィシャルストア

2020/02/21 14:45


CBD(カンナビジオール)とは?


CBD(カンナビジオール)は大麻草から抽出される有効成分のひとつです。

大麻草は一般的に酩酊感などの向精神作用のある植物として知られていますが、
これは大麻草の穂や葉から抽出されるTHC(テトラヒドロカンナビノール)という成分によるもので、
THC(テトラヒドロカンナビノール)は現行の法律で規制されています。

対してCBD(カンナビジオール)は主に茎と種から抽出される成分であるため、日本国内でも合法な成分として扱われており、
摂取してもいわゆる「ハイ」になることはありません。


どんなことに期待できるのか。


近年、アメリカやヨーロッパではCBD(カンナビジオール)に関する研究が盛んに行われており、さまざまな効能が発表されています。

CBDの効能に関しては、摂取する人や状況によってさまざまですが、
一般的にはリラックス効果や、睡眠の質の改善、緊張の緩和などに役立つとされています。

また、さまざまな研究の結果により不安症や中枢神経など、
あらゆる症状の改善に役立つということが明らかになってきています。

たとえば癲癇(てんかん)や慢性痛などの緩和、うつ病や統合失調症といった精神疾患、PMS(生理前症候群)など
多くの疾患に対して期待できることが示されています。

世界保健機構(WHO)もCBDの有効性を認めており、アメリカやヨーロッパでは医薬品としても認可されています。
CBDはあらゆる可能性を秘めた成分として世界から注目されています。